いろいろと色々。


by chamisurusuru

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

LIFE
KURASHIGE
HAIR
GUEST
Recipe
BEAUTY
TRIP

以前の記事

2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のトラックバック

ライフログ

検索

LINK




その他のジャンル

画像一覧

夕飯は寄せ鍋とお刺身。

実家のある青梅は東京ではあるが、

都内との気温差は3度ぐらい低いと言われている。

というか事実です。

ある程度覚悟をして青梅線に乗らなければ

ちょっとした隙に風邪をひいてしまうと思っている。

私の言う隙とは“耳を出す”という事。

耳を出すとだんだん頭が寒くて痛くなってきて

すーっとウイルスみたいな目に見えない何者かが

耳後ろぐらいから忍び込んでくる。

1時間ちょっと電車にゆられてる間も気を抜かないように

しっかりとフードをかぶり、昨日買った本を読む。

【そして生活はつづく/星野源】

あの人気俳優でもあり音楽家の星野源のエッセイ集。

電車の中で目をつぶって笑いに耐えて肩を振るわせている

フードをかぶった不思議な女を前の席の人は

心配そうな目で見てくれた。

ただ楽しいだけなんで、ご心配なく。。

心の中で呟く。


実家で母の髪にパーマ(ソバージュ)をかけ(あて)ながら

いつもの母の話しを聞く。

久しぶりに帰ってきた私に、ここぞとばかりに話す。

きっとまた今度も、そのまた今度も

同じ話しをするのだろう。

私が何を言えばベストアンサーに選ばれるのか

いつもそれに挑戦してはみるものの、

いい答えは未だに出せていないみたい。

というか、ただ聞いてるだけでいいみたい。



でも今回は青梅線で魅了されてしまった星野源の

力を最大限に活用して、

「この本にも書いてあるでしょ、
そして生活はつづく んだから、
これからの生活も楽しまなきゃねっ」


「、、、そうだよねっ。」


ベストアンサーができたような。。



星野源がいなかったら、こんな至福感は得られませんでした。

お世話になりっぱなしの1日でした。

d0187299_21545442.jpg

[PR]
by chamisurusuru | 2014-02-11 21:54 | LIFE